教えて!かぁやん❣ 開催しました

「教えて!かぁやん!」
とても有意義な時間となりました✨✨
https://www.facebook.com/events/198917154711816/

合計6組(子供ちゃん連れも含めて)の方がいらしてくださり
出入り自由だったので、そのときに居た方同士の交流もあり
みなでお話しながら過ごしました♪

「かぁやんの言葉ってスッと入ってくる」
「話をすることで自分の心の持ちようがわかった気がしました」
「かぁやんは凄いって感じです」
それぞれの方に気づきがあったようで
行ってよかった!またあったら行きたい
と言ってくださり
少しでもお役にたてたのなら嬉しいわあと
ほんわかした気持ちになれました😍

これからどんな状況になるのか予想もつかないし
不安に押しつぶされそうに何度もなるけれど
(不安に思うことは決して悪いことでもなく)
自分を見つめるチャンス!

常識や価値観が予想もしない方向に変わっていく
そいういときこと、というかそういうときでないと
自分は本当にどうしたいのか
どう生きたいのか
今までの生活、生き方を振り返りつつ
考えて見つめ直して
少しずつ日々の生活に落としこんでいく
行動していく
かなあ❤️

参加してくださった方ありがとうございます😊

またお話会、やりたい✨✨

教えて! かぁやん❣

『教えて!かぁやん!』
開催します~~~🌈🌈🌈

かぁやんとゆっくりしゃべりたい~
講座参加しないと聞けないのかな。。。
かぁやん忙しそうだもん
の声にお応えして💗

日時:3/19(木曜)
3/20(金曜)
10~15時(出入り自由)
場所:かぁやん商店
参加費:500円(お弁当希望はご予約を♪)

*駐車場ご案内のため
事前に連絡くださると助かります♪


世の中、コロナコロナの話題ばかり。
みなさん、心のざわざわが
ハンパないと思います。
わかりますよ。。。
とっても気持ちよくわかります!

かぁやんだって2011年の東日本大震災のとき
1歳の息子の子育て真っ最中
ものすっごい不安に駆られ
いろいろ調べれば調べるほど不安になって。。。

でも、そのおかげで
たくさんのことに気づけました!
普通に暮らしていたら気づかなかったこと
自分を知ること
自分のカラダからのメッセージに気づくこと
自分のやれることやりたいことがみえてきて
かぁやん商店をとぉやんと一緒にやることに♪

かぁやんにいろいろ聞いてみたい!
この騒動に動じていない
かぁやんとしゃべりたい
不安がちょっとは解消されるかも~
と思ったかた、かぁやんに逢いに来て💗

一斉休校になっちゃって
子供たち、母たちに相当な負担がかかって
しかも子供たちが外で遊べないって
おかしな世の中。

あんなに過剰なくらい
メディアも情報を流して不安を煽って
必要のない購買を煽って
でも不安だから落ち着かないから
買っておけば安心だからって。
毎日、こころがざわざわ。。。

ちょっとばかり
この騒動おかしいんじゃないのって思っても
周りに過敏な人がいると
そういう人にまた引っ張られて
さらに不安になる悪循環。。。

動揺しちゃうのよ~~~くわかりますよ!

とにかく、かぁやんに逢いに来て💗

新型コロナウイルスのお話会

【緊急開催】新型コロナウイルスって怖いの!?

かぁやん商店HPのイチオシ!にリンクしてある
とぉやんオススメのシンカー主宰のナオキさんが
来てくださることになりました✨✨
THINKER HPはこちらから☞

【日時】 2020年3月12日(木)
【時間】  10:00-12:30
懇親会12:30~14:00
【場所】 かぁやん商店
【参加費】 2500円
*懇親会参加の方はかぁやんのお弁当1000円をお願いします♪
【定員】8名
子供さんも一緒に参加されるのはOKですが
スペースも限られるので、ご相談くださいませ。

***********

今年に入り、急に騒がれ出した新型コロナウイルス。
政府はその対処に追われ、混迷を極めています。
いま一体、何が起きているのでしょう?

国民の多くが、未知のウイルスを恐れ、マスクが売り切れ、
トイレットペーパーや消毒グッズまで売り切れる事態に、、、
経済面でも打撃が大きく、観光客の激減から
倒産する大手旅館や旅行会社も出ています。

感染源とされる中国では、日本に先んじて、
行き過ぎの感染症対策が露呈しています。

感染症対策として、市民の移動が規制され、
外出禁止と個人財産の没収が法律で決まり、
感染症対策を盾にした
「次世代の人民管理」がいよいよ始まりました。

勘が良い人には、事の次第が見えてきたのではないでしょうか。

感染者には赤、接触者には黄色のレッテルが貼られ、
スマホを通じて、政府から行動が監視されます。
安全とされる緑の人民だけが、
外出と買物を許される状況です。

日本でもここまでいけば、さすがに疑問を持つ人がもう少し増えるかもしれません。

さて、政治的な動きも気になる一方で、
やはり、このウイルスが一体何者なのか?
どこまで危険なのか、突き止める必要もあります。

陰謀系の情報を扱う人の間でも、このウイルスに関して
危険なのか、怖くないのか、見解が分かれています。

みなさんはどう思われるでしょうか?

今回こそは、自分の頭で考え、とことん調べぬいて
一人ひとりが恐怖や感情論を超えて、真相を見抜く力が試されるところではないでしょうか。

311の時もそうでしたが、大きな災害時には、
人の本性が出ます。
今回もマスクを求める行列の中で流血沙汰が起きたり、
マスクをせずにくしゃみ咳をした人を見て、非常ボタンを押し、電車を止めた人までいました。

ウイルスよりも、怖いのは「人」です。

第2次大戦中の日本国民や
ナチスに従ったドイツ国民もそうでしたが、
緊急時には、普段は温厚な人達が鬼、悪魔になります。

見方によってはですが、、、
マスコミや政府に操られ、「○○のために」というスローガンのもとに、少数派の人々の生存権や自由を侵害する人ほど怖い存在はないかもしれません。

感染症では毎年多くの人が亡くなります。
インフルエンザを例にとれば、
全世界で無数の人が感染し、うち300~500万人が重症化し、数十万人規模で人々が死亡しています。
死者の多くは、高齢者です。

今回の新型コロナウイルスは、今日の最新情報では、
世界全体で感染者が8万人超。
死者は約2800人。大多数は中国で、高齢者。

このレベルの対策が毎年必要だとしたら、
来年から毎年インフルエンザの時期には
全集会の中止と休校措置以上の対策が必要になってしまいます。

過去にこれほどまでの感染症対策が取られたことがあったでしょうか。

恐怖を感じる人が多くいる一方で、違和感を感じる人も多くいます。
近所の小学生たちが言っていました。
「コロナってただの風邪でしょ?」
「なんで、大人がこんなに怖がるのか、わからない」

マスコミや専門家を信じて
過剰な対策をする大人が正しいのか?
素直に違和感を感じる子どもの感覚がまともなのか?
311のあった2011年には、
マスコミと政府の動きに違和感を感じて、
これまでの洗脳から目覚めた人が多く出ました。
今回の新型ウイルス騒動も、気づく人が増える
大きな分水嶺になるものと感じています。

今回の講座では、ミクロからマクロの視点まで、
新型コロナウイルスにまつわるテーマのお話をします。
知っておきたい家庭でできる感染症対策から、
2020年に考えられる世界の動きまで、
個人的見解も多く含まれます。
興味のある方は、ぜひご参加ください。

時が時です。
感染症が心配な方は、参加をお控えください。
後日、動画配信も検討します。
フェイスブックなどでは禁止されている情報もあるので、
ここでは言えませんが、察してくださるようお願いします。

●マスコミが絶対言わない「武漢のウイルス研究所」
●迷走する政府と危機を煽るマスコミの構図
―そもそもマスコミとは何者か?
●ウイルスと菌の違いから理解しよう!
●間違ったウイルス対策が及ぼす危険性
●若い人ほど危険!―薬剤性サイトカインストーム
●WHOは信用できるか?
―ウイルス騒動の背後に見える国連アジェンダ
●今回のウイルスは危ないのか、危なくないのか?
―新型インフル事件とエイズ騒動から見た個人的見解
●計画されていた「中国のウイルス騒ぎ」
―ウイルス騒ぎの後に来るものとは?
●知っておきたいお金のかからない感染症対策
―THINKERおススメの5アイテム
●ウイルス対策&免疫力アップのおすすめサプリ紹介

◎THINKER 鶴田ナオキ氏 プロフィール
2009年の新型インフルエンザ騒動の際、マスコミによる大々的なワクチン接種の呼びかけに疑問を感じ、地元のカフェで友人・知人・家族向けに講演を開き、啓蒙活動を始める。その後、ホームページを開設。ワクチン、フッ素の有害性、化学調味料や人工甘味料の興奮神経毒性について警鐘を鳴らしたことで、多くの反響を呼び、全国から講演会を受けるようになる。2016年、名古屋市近郊にTHINKERアトリエをオープン。最新の世界情勢から、マニアックな精神世界の探求まで、多岐にわたるジャンルで『シンカー・夜の会』を不定期に開催。健康情報を中心に情報発信活動を展開。

【お申込み方法】
①お名前、よみがな
②希望講座名
③日中連絡がつく電話番号(携帯電話推奨)
④Emailアドレス(Gmailの受信が可能なもの)

上記①〜④の内容を以下の方法でご連絡ください。
かぁやん商店FBページへメッセージ
*かぁやん商店HP お問合せフォーム
*Email
📧kaayanshoten@gmail.com
かぁやん商店 ラインアカウント 🆔@sda8761w

尚、お申込み後2日以上確認メールがない場合は大変恐れ入りますが、営業時間内(9:30〜18:30、日・月曜定休)にお電話ください。

※参加クリックだけでは申込みになりませんのでご注意ください。