養蜂家のハチミツ❣️

ハチミツ屋さんと養蜂家さんのハチミツ
この違い、わかりますか⁈

ハチミツ屋さんのほとんどがいろんな養蜂場(国内、国外問わず)のハチミツを仕入れ、多くはブレンドされたりして販売されるのに対し、
養蜂家さんのそれは「自分が育てた蜂が集めて熟成させた蜜を自分で採蜜したハチミツ」。

蜂の採蜜用巣箱を自身が見極めた場所に設置し、短い採蜜期間の間に花(蜜)を特定できるものは種類を特定して採蜜している。蜂が活動しやすくて良い蜜を集めやすい場所を探し、地主さんと交渉するところから始める。

鈴木養蜂園(愛知県田原市)さんは、渥美半島の花から採蜜する養蜂家(鈴木良近さん)で非加熱のハチミツも販売している。
日本の国内産では加熱された物が多く流通しているが、まぁこれにはいろんな理由がある。マイナスな話はさておき鈴木養蜂園さんの特徴をご紹介しよう!

養蜂巣箱は採蜜に欠かせない遠心分離機に合わせた共通サイズの物が使われるが、この巣箱には大きく2種類が存在する。
一般的(日本の養蜂の約9割)な巣箱は1階建てだが、鈴木養蜂園さんの巣箱は2階建て。

蜂は巣箱の中を自らの生活(子育て)エリアと貯蔵エリアを分けている。
女王蜂が他の蜂と体長が違う(大きい)のはよく知られていることだが、働き蜂でもその仕事によって体長が違う。

それらの性格を活かして純度の高い完熟ハチミツを採蜜できるからこそ、非加熱のハチミツを販売できる!

加熱調理にはもったいない話だが、是非、非加熱の完熟ハチミツを味わっていただきたい!

やみつきになることうけあいです❣️

2019年6月より
かぁやん商店でも取り扱いを開始!

渥美半島のくろがねもちの非加熱ハチミツ

かぁやん商店のみ(2019年6月現在)の取り扱いです!