食と暮らしの歳時記「立秋」

食と暮らしの歳時記


 
四季折々の旬の味覚と年中行事、心身の養生法などをご紹介します。

二十四節気・七十二候、日本に古くから受け継がれてきた月ごとのならわしや行事。それらを旬の食とともに暮らしに取り入れ、愉しむことで情緒豊かな心と健康な身体が育まれることを願います。。
 
家族や友人、ご近所さんとのちょっとしたご挨拶の中の話題などに、また季節を感じる食卓の彩りとなれば幸いです。

 
 

立秋(8月7日〜8月22日頃)

 
立秋とは、初めて秋の気配がほの見えるころのこと
暑い盛りだけれども、これからは夏の名残の「残暑」という
 
 

初候

涼風至る(りょうふういたる)
涼しい風が初めて立つころ
その風を秋の気配とみる
新暦では、およそ八月七日〜八月十一日ころ

 

【候のことば】

秋隣(あきとなり)
秋の気配をすぐそばに感じる、という意味の夏の季語「秋隣」
本来は立秋に入る前までのことばだが、八月の熱いさなかに時折吹く涼風こそ秋の気配かもしれません。
 


 

【旬の魚介】

しじみ
カルシウムや鉄分、ビタミンAやBなどの栄養価が高い
旬は八月ごろの土用しじみと、一〜二月の寒しじみ
 


 

【旬の果物】


八月の八日から十日は、八(は)九(く)十(とう)の語呂合わせで、白桃の日
桃は、七月〜九月が食べごろ。甘い果汁があふれとろけるような果肉
岡山の白桃が元祖だそう
ふっくら丸みがあり、全体にうぶ毛があるものを選ぶとよい
くれぐれも、実を押さないように(笑)


 

【旬の草花】

つゆくさ
瑠璃色をした小さな花
道ばたや畑のすみに咲いています
花の時期は七月〜九月。古くは、花の摺り布を染めたことから着き草と呼ばれたそう… 転じて、月草の名で歌に詠まれた花
 


 

次候

寒蝉なく(ひぐらしなく)
ひぐらしが鳴くころ
夕暮れに響く虫の声は、はかない夏の夢
新暦では、およそ八月十二日〜八月十六日ごろ

 


 

【候の虫】

ひぐらし
朝夕に鳴く声が涼を感じさせるひぐらし
俳句では、秋の季語
実際は六月の終わりごろから九月まで出会える蝉
 


 
 

【旬の草花】

ほおずき
お盆の花として飾られるほおずき
迎え火や送り火の提灯のよう、と見立てて供えられる
 


 
 

【旬の行事】

五山の送り火
 


 

 


 


 
 

末候

蒙霧升降す(のうむしょうこうす)
深い霧が立ち込めるころ
春は霞たち、秋は霧けぶる空模様
新暦では、およそ八月十七日~八月二十二日ころ
 


 

【候の魚介】

真だこ
一説によると
「た」は手、「こ」はたくさんという意味で「たこ」の名まえがついたとか…
 


 
 

【旬の野菜】

新しょうが
 


 

【旬の草花】

水引
上から見ると赤く、下から見ると白い花が、細長い花穂に点々といくつも咲いている
そのようすが祝儀の水引に見立てられて花の名まえになったとか
紅白の花が混じるのは「御所水引」
白い花だけのものは「銀水引」
 


 
 

 


 

【旬の兆し】

樹雨(きさめ)
 
濃い霧の林を歩いていると、木の葉から雨が落ちてくることがある
それが「樹雨」
葉や枝についた霧の粒が、しだいに大粒の滴になって地上へ落ちてくるもの


 
 
かぁやん商店
 
 
食と暮らしの歳時記 全ての記事へ
 
 

セントラル浄水来る❣

【#水の話 】
我が家も #セントラル浄水器 を設置した
豊橋市は、水が美味しいなど、国内では約3割に入るいろんな意味で安心な水道水が供給されている町ではあるが、やっぱりそのままでは薬品臭い
6年半前にある浄水器を付けて飲み水や調理用に使ってきたが、風呂やシャワー、洗面などは、塩素を含んだままの水道水
約半年前に『水のお話し会』に参加した
まぁ、いろんな話があるが、ここではやめておく😄


…やっぱり、一つだけ😁
塩素など取り除かれているようで言うほど…なのが実態
それより、重金属のお釣りの方が困りもの
少し悩んで…そう、安くはない
でも今までの浄水器も6年経ちフィルター交換時期を迎え…
やっぱり、このメーカーしかないな…と
#イーテック
4ヶ月待ちでようやく設置完了
今は6ヶ月待ちとか…
悩んでるなら早く決めた方がいい
簡単に良いところとそうでないところを…
先ずは良いところ
どの蛇口からも臭くない水が出てくる喜び
水の面倒な使い分けがなくなった
なんと言っても水がうまい❣️
全て良いところばかりとは…
3日以上留守にするなど水が動いてない状況が続いた時は、数分水を出してから使用したい
というのも、『より #自然の水 』にちかづけるように、いろいろ取り除いてくれているが、抗菌ではなく、宅内管の経年による菌なども相まって菌の増殖は否めないから
いろいろ捉え方があると思うので、ご参考まで
#浄水器 のこと知りたくなったら、#とぉやん に相談してみてね❣️
 

 

梅しごと2022終了❣

梅しごとWS全行程終わりました~~✨✨

今年は、紅梅漬けから始まり
梅シロップ、小梅干し、梅ジャム&梅味噌
そして梅干し
出張も入れたらなんと合計18回も
開催しちゃいました🙌🙌

いや~~我ながらアッパレ!
みなさまが梅しごとにご興味持って
参加くださったおかげで
かぁやんの梅愛
梅偏愛って言ったほうがいいかな(笑)
伝えることができて本当に感謝です💗

2016年から梅しごとWSを始めて
7シーズン目。
みなさんが参加してくださったときの
質問や失敗談から
また自分で調べてみたり
梅にまつわるお話をしてくださることで
確実にかぁやんの知識が増えました。
自分の経験した以上の収穫
これは本当にありがたいことです🙆‍♀️

実は今年は今までと違って
伝えるポイントが進化したな~って
自画自賛(笑)

それは
それぞれの方がそれぞれの方法でいいので
『伝える』ことをして欲しいと切に思いまして

まさに『食文化の継承』

かぁやんだけが、そのお役目ではなく
みなさんそれぞれ個々で
そのお役目を担って欲しくて

是非そうしたいですって
感想も多くいただけて
感無量💗

あとは
今年もいましたね~~
たくさん梅を引き寄せた方々❣️

梅が欲しい~って思ってると
梅がやってくるよ~と
口を酸っぱくして(梅だけに😆)
言い続けているのですが

かぁやんもビックリ!
5人以上の方が
「かぁやん!梅やってきたーー!!」って
連絡くださって!
やっぱり想いは叶う✨✨

嬉しい感想のご紹介です。
「暮らしが豊かになっていきます」
「昔の方の生活の中に大切なことが詰まっていることに気づけました」
「梅干し、うまくできる気しかないですね」
「毎年やることが増えて楽しみが増えました」
「手づくりで作ることの楽しさ、丁寧な暮らしは心を豊かにする」
「自然のめぐみとともに、食生活を整えていきたい」
「母が漬けた梅干しを思い出すことができ懐かしい想いがこみあげました」
「単なる梅干し講座だけでなく、溢れるほどの情報をありがとうございます」

梅愛を超えて
梅偏愛をとことん貫いていきたいと思います。

これからも梅情報を
お愉しみにしていてくださいませ♪

来シーズンは
梅酵素WS,梅ミキドリンクWSも
やりたいな〜💕💕💕