今回は海苔のお話

海苔と言えば

有明海⁈ 瀬戸内海⁈

無酸処理の海苔と言えば

出水

な感じでしょうか…。

海苔…たくさんの種類があってよーわからんっ!
たくさん入っとって安いのでいいよっ!

って選択はかなり乱暴ですよね。
そんな選択をしないためにも販売店(かぁやん商店も含め)がきちんと説明する『義務』があると思います❣

地元、三河湾や伊勢湾も海苔の生産は盛ん(だった⁈)!
地元の海苔を是非普段使いに選んで欲しいし、
今も残る生産者さんや漁協さんには自信をもって選べる海苔の生産が続けられるように、ぜひ頑張ってほしい!

ただ…
畑に化学肥料や農薬を使ってほしくないのと同じように
海にも化学物質を使ってほしくいない!

家庭で使用する水の量とは大違いな大量な海水だから中和されるのかな?
中和されれば人の都合で使っていいのかな?
海にすむ生命は選択肢なく大量に流れ込む化学物質の混ざった海で生活することになる。

使いたくて使ってるわけじゃないよ!
っていう声なら先が明るい。

えっ⁈ 国が認めてるし使った方が効率良いし…何か悪いことあった?
となるとお話にならない(笑)

まぁそんな話はさておき、
無酸処理と謳ってないけど無酸処理のお墨付きを生産者さんや漁協さんからきちんといただいて
まじめに海苔の加工と販売をしている会社が豊川市にある。

戸田理平商店

やはり焼き立ての焼き海苔は風味も食感も違う❣
海苔は加工屋さんがいるから板海苔としていただくことができる。
そう、生産者(または漁協)さんが焼き海苔など板海苔としては販売されていない。
(稀に生産者さんが加工までしているケースもあるが)

仲買となる海苔屋さんも加工を得意とするところや卸を得意とするところと業界内は様々な様子。

希少な無酸処理の海苔も数が揃わなかったりすれば海苔屋さんに入る前に一緒にされるケースもあるとか。
何んとももったいない…

加工と卸(一部小売)を中心の戸田理平商店さん
ヒョンなことからかぁやんとご縁ができ、
そんなこんなで(どんなだっ?)かぁやん商店でもかぁやん商店用に焼き海苔を仕上げていただいた焼き海苔を販売することに!

扱いは無酸処理のみで三種類
●【極上】焼海苔(10枚入り) 650円
● 焼海苔(10枚入り) 400円
● イナリソのり(袋入りカット海苔) 600円

イナリソのりは味付けではない個装タイプ

海苔の状態によって焼き具合を変えることで風味や食感を最大限に引き出す海苔屋さんの海苔。
是非、お試しくださいね!